妊娠中に全身脱毛ってできる?

全身脱毛の契約をしてしまったのにその後に妊娠が発覚してしまったというような場合、全身脱毛を継続させることができるかどうかが気になるところです。結論から言うと、妊娠中の全身脱毛はNGとなっています。「まだ気づいていなかった妊娠初期に全身脱毛の施術を受けてしまった!」という場合でも、脱毛の場合に使われている光は赤ちゃんには影響を与えません。ではなぜ妊娠中の全身脱毛がNGなのかというと、妊娠することで女性の身体に多くの変化が現れることが理由となっています。
妊娠中はホルモンの分泌量が変化しますので、ムダ毛が濃くなったり太くなったりしがちです。そのため、施術を受けてもあまり高い効果を得ることができなくなってしまいます。さらにホルモンの分泌量の変化は肌にも影響を与えてしまい、メラニン色素ができやすくなって肌の色が黒くなってしまうことも効果が実感しにくくなる原因になります。そして妊婦さんは肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。痛みが強く感じられたり、肌荒れが起こりやすくなりますし、何らかの理由で体調が悪くなっても脱毛サロンではその対応が出来ません。そのため、妊娠中の全身脱毛はNGになっているのです。